幸せな生活&健康な生活に必要なこと|葡生雅味(ぶきがみ)

葡生雅味(ぶきがみ)|幸せな生活&健康な生活に必要なこと

関節

膝痛に効くサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどの膝痛サプリ

更新日:

膝痛に効くサプリを徹底比較!本当に効果のあるのはどの膝痛サプリ

ツライ膝痛・・・なんとかしたいなら膝痛サプリがおすすめです

「膝が痛くて外に出るのも億劫だ」と感じている人が実は少なくないのです。
そんな膝痛から開放され、いつまでも健康的でありたいものです。
膝痛改善にはストレッチなどの運動も効果的ですが、グルコサミンコンドロイチンには膝痛の痛みを和らげる働きがあり効果的です。

 

膝痛とは加齢によって進む対策と改善方法

膝痛とは加齢によって進む対策と改善方法

ご高齢の方の悩みで多いのが、膝痛の痛みです。多くの方が膝が痛くて、歩けない、曲げれないと症状を訴えています。
毎日、外科に通院してマッサージや、電気をかけてもらっている患者さんも多くいます。

膝痛とは、一般的には膝の怪我や、加齢によって膝の骨が壊れた状態といわれています。
女性は、更年期を迎え老化するにつれて、体重も増える傾向にあります。
膝痛とは、そのような体重増加や、怪我などによって、関節に負担がかかるために起こります。

膝の軟骨も痛み出し、骨も変形してくる場合が多いです。膝の軟骨が減ってしまうために起きる症状を、変形性膝関節症といいます。
西洋医学では、膝に水がたまって、腫れることもあると言われています。

早めの診断対策を

膝の痛み、違和感、こわばり等の症状を感じたら、早めに専門医に診てもらうことをおすすめします。そのままにしておくと、症状が悪化して、曲げるのも苦しくなり痛みが悪化します。

特に寒い冬などは、筋肉も硬くなり動かすのが大変になります。その場合は、サポーターをして膝を守ることが大切です。
冷えの防止にもなりますし、膝の安定につながります。
お風呂に入った時には、マッサージしたり、自分にあったサプリメントをとることも効果的です。膝に無理のない生活を心がけることが大切です。

膝痛の原因と対処法

膝痛をお持ちの方にとっては日常生活のさまざまなことが苦痛になり、心にダメージを与えてしまう原因となることもあります。

膝痛の原因

腰痛の原因

膝痛の主な原因は加齢と膝に大きな負荷がかかることにあります。
加齢によって関節のクッション成分が減少してしまい、歩行など日常動作によって骨と骨がぶつかるときに痛みを生じるというものと、
体重の増加や重い荷物を持つことが多い職業などで大きな重量を支える脚に負荷がかかって膝に痛みを引き起こすというものです。

重い荷物を運ぶ職業などの他に子育て中のお母さんが毎日赤ちゃんをだっこすることで、自分の体重に赤ちゃんの体重が上乗せされた状態になった身体を支えるために膝に負担がかかるということもあります。

膝痛の改善方法

改善方法

膝痛で通院をした場合、まずは体重を減らすように指導されるケースが多いようです。
人間の身体は本来バランスが取れるようにつくられていますが、食生活や運動不足によってそのバランスが崩れたとき、身体のどこかに不調が生じることは自然な流れだと言えます。

体重を減らすために運動をしようとすると膝痛が邪魔をするということもよくあるお悩みですが、まずは膝に負担がかからない運動として横になってできる腹筋脚あげ運動、そして食事制限などで体重を減らす努力をしてみましょう。

 

膝痛改善のためのストレッチについて

膝痛改善のためには、ストレッチが有効です。
痛いからといって安静にしていると症状を悪化させることがあります

ストレッチの方法

膝痛改善のためのストレッチについて

膝痛改善のためのストレッチとして、脚上げです。仰向けに寝た状態で、片方の膝を立てます。
反対側の膝を立てると腰に負担がかからなくなります

脚が曲がらない場合には、伸ばした状態で行います。伸ばした方の脚を膝を曲げないように10センチ上げ、その状態で5秒間静止しゆっくりと戻していきます。
この動作を20回繰り返し、反対側の脚も同じように行います。楽にできるようになったら、足首におもりをつけて効果を高める方法もあります。

併せて横上げを行うことで効果が上がります。横向きに寝た状態で、下側の脚を曲げ、少し前に出します。

下側の脚は、直角になるぐらいに曲げることで身体を安定させることができます。
脚を伸ばした状態のまま床から10センチ上げ、その状態で5秒間静止しゆっくりと戻して行きます。
この動作を20回繰り返したら、身体の向きを変えてから、反対側の脚も同じように行います。
膝が伸びない場合には、曲がったままの状態で行います。

膝痛改善の効果があらわれるまでには時間がかかるため、1ヶ月以上続けることが大切です。

膝痛の治療方法について

病気や加齢、スポーツなどが原因で階段の上り下りが辛い、正座がしにくい、歩いていて痛みがあるなどの膝痛の症状が出てきてしまいます。

膝痛の原因の多くが骨と骨が当たらないようにクッションの役割をしていた関節軟骨がすり減るなど関節に異常が出てくると、関節を包んでいる関節包が引っ張られるなどが起こり関節の周囲の神経が痛んでしまうのです。

膝痛の治療方法

膝痛の治療方法について

膝痛の治療方法は、さまざまなものがあります。
痛みが強い場合には消炎鎮痛剤を使用して炎症を抑える方法や、関節軟骨に含まれている成分であるヒアルロン酸を膝関節内に注入するなどの薬物治療

サポーターなどで膝を固定したり、転びやすくなったときには杖を使ったりする装具療法、慢性的に痛む場合には入浴や温めたタオルを膝に当てる温熱療法、腫れたり熱がある場合には氷のうや湿布で冷やしたりする寒冷療法が用いられます。

体重が増えたという場合には、適度な運動を行なって膝を支える筋力を鍛えて、膝関節への負担を減らすことがおすすめです。
ウォーキングやストレッチなどの運動療法が専門医の指導のもと行なわれます。

それでも痛みが引かない場合には手術療法を行なうこともあります。
さまざまな治療方法があるため、自分の症状に合った治療で治していくことができます。

 

曲げると痛い!膝痛の原因と5つの治療法について徹底調査

曲げると痛い!膝痛の原因と5つの治療法について徹底調査

歳を取ると特に膝の痛みに悩む方が多くいます。
その原因としては、人間の体の関節は、骨と骨の間に軟骨があり、その軟骨がクッション代わりになり曲げる動作をスムーズにします。しかし、加齢と共にその軟骨がすり減り、骨と骨が直接こすれ合うことで痛みを発生します。

膝の関節は、体の重みを支える部分であり、長年の歩行などで特に軟骨がすり減りやすい部分です。そのため曲げると痛い膝痛を感じる部分なのです。
曲げると痛いということは、階段の上り下りや、歩行そのものに影響が出てしまいます。
こうして動かなくなり、結果体の筋肉まで衰えてしまう可能性もあるので、しっかりと治すことが大切です。

膝痛の治療法

その治療法としては、以下のようなものが有効です。

  • 痛みを取る薬物治療
  • サポーターなどで膝を保護する
  • 湿布での鎮痛作用
  • ダイエットなどで体重を減らして膝への負担を減らす
  • 筋肉をつけることで膝周りの保護をしていく

しかし、そのような対処でも改善が見られない場合や、生活に支障をきたしている場合には手術をする方法もあります。
人口膝関節をつけることで、関節の滑りがよくなり、痛みから解放されて元気な毎日を送る方も多くいます。
痛みから曲がってしまっていた足がまっすぐになり、姿勢の改善にもつながります。

膝痛は悪化する前に早期の対処が大切です

膝痛は悪化する前に早期の対処が大切です

いずれにせよ、膝の痛みがある場合には放っておいても解決にはなりません。
それぞれのライフスタイルに合わせたしっかりとした治療が必要になります。

また、加齢以外にも激しいスポーツなどで膝への疲労が溜まり、神経を刺激することが原因で痛みを伴う場合があります。そういった場合は、しっかりとその筋肉疲労を休ませて、湿布などで炎症を治し、労わることでわりと短期間で治ります。

膝痛は場所によって原因が違う?5つの症例で徹底解説

膝痛は場所によって原因が違う?5つの症例で徹底解説

膝痛と一言で言っても「膝の内側が痛いのか外側が痛いのか」それとも、「前や後ろが痛いのか」さらには、「膝の中心部が痛いのか」など実はいくつかの場所に区分することができるようになっています。

膝痛を発している場所を特定することによってどうして痛みが出ているのかという原因が異なっているのです。適切な対処をするためには正確に痛みが出ている場所を把握することが重要となっているわけです。

01. 膝の内側の痛み

例えば痛みが出ているのが内側であれば鵞足炎や内側側副靭帯損傷などの、
カッティング動作やジャンプ動作で損傷をしてしまったことが原因だとされています。

02. 膝の外側の痛み

外側の場合は腸脛靭帯炎という所謂ランナーズニーと呼ばれている、
靭帯の柔軟性が低下することによって起きる痛みである可能性が高いとされています。

03. 膝の前側の痛み

ほかにも前側の痛みの場合はAnterior Knee Painと呼ばれていて、
原因がある場合もあれば原因不明で膝痛が発生していることもあると言われています。
原因がある場合はジャンパー膝と言われる膝蓋靭帯炎やオスグッド・シュラッテル病、
膝や股関節と足関節の機能的な問題で症状が起こるAnterior Knee Pain症候群になっている可能性が高いです。

04. 膝の後ろ側の痛み

そして後ろ側の場合は後十字靭帯損傷やベーカー嚢腫が多くなります。

05. 膝の中心部の痛み

中心部の痛みがある場合は膝蓋骨の不安定症やタナ障害、
分裂膝蓋骨など骨に何らかの異常が出ていることから痛みが発生している可能性が高いようです。

膝のどこが痛みますか?

膝のどこが痛みますか?

このようなことから膝痛の原因となっている疾患は多種多様です。
だからこそどこが痛むのかを正確に把握しなければ診断が難しくなっているのです。

なので膝痛を感じた場合、どこが痛むのか場所を出来る限り把握してから病院に行くようにするとスムーズな診療を受けることができます。

膝が痛くて歩くのがツライ・・膝痛にはサポーターその効果とは

膝が痛くて歩くのがツライ・・膝痛にはサポーターその効果とは

膝痛になると、歩くのがきつかったり、走れなくなって不便なものです。
また、重度の膝痛の場合には、医療機関などで治療・手術などをしてもらう必要もでてきます。

ですが、ちょっとした膝の使いすぎなどによる軽い痛みなどで、医療機関に行くほどではない場合の対策として、サポーターを使うのもいいでしょう。
痛みがある状態で、膝にサポーターを使うと、ある程度痛みが軽減したり、歩いたりする場合に、負担が軽くなることが期待できます。

膝痛予防にもサポーターがおすすめ

膝痛予防にもサポーターがおすすめ

また、膝に痛みがない状態でも長距離を歩く場合、また登山、スポーツなどで膝に対して負担がかなりかかることがわかっている場合には、痛みなどの症状が出る前からサポーターをしておくのも、膝痛の予防につながります。

普段あまり運動をせずにいる状態でも、周囲にいる人たちから誘われたり、また、自分でちょっとさまざまな行動を起こしてみたいと考え、趣味などで、山歩きやスポーツを楽しむこともあるでしょう。
ですが、普段から運動をして筋肉などを鍛えていない状態で、長距離を歩いたり、走るなどの動作は、膝に対してかなりの負担をかけることになります。

おすすめ膝サポーターなら!

ひざサポーター
ひざの痛みに困っている人必見|本当におすすめのひざサポーター
ひざの痛みに困っている人必見|本当におすすめのひざサポーター

ひざサポーターは、目的別の種類により使い分ける必要があります。冷えや、ケガなどひざの痛みの原因は様々です。痛みの原因に合わないひざサポーターを使用しても、ひざ痛改善効果をきちんと得られなかったりします ...

ひざサポーターの詳細を見る

膝痛を改善するには日頃の運動が一番

また、肥満体型などの場合には、自身の体重が膝に対して大きな負担になることもあるでしょう。
このように膝痛を予防するため、サポーターを使うことは非常に役に立ちます。

しかし、それ以前に、日頃から適度な運動が一番大切です。特に足に筋肉がつくようにウォーキングや軽いランニングなどをしてある程度筋肉を鍛えておくといいでしょう。

また、運動をすることで、体内の脂肪を燃焼させる効果なども期待できまうす。
これにより、肥満防止にもなり、膝の負担を減らすことができます。
また、生活習慣病予防、自身の健康維持にもつながるため、定期的に運動をする習慣を身に付けることも大切です。

 

膝痛を和らげる効果あり!サプリメントの特徴と効果とは

今の時代、高齢者の半数以上の方が【膝痛】を抱えている傾向にあります。
膝痛だけでなく、広い意味で関節痛をお持ちの方が多いと言えるでしょう。

グルコサミン

グルコサミン

多くの方が痛みを和らげる効果を期待し、サプリメントの利用を考えています。
膝痛を改善させる効果で従来、注目されていたものに【グルコサミン】サプリメントがあります。

しかし、グルコサミンはあくまで【軟骨補充】の意味合いで用いるものであって、痛みの解消までには至らないという特徴を知っておく必要があります。

イタドリ

イタドリ

最近、それに代わる成分が配合されている【イタドリ】に注目が集まってきています。
イタドリの主成分には、北海道でみられる天然野草であるオオイタドリが使われています。漢字で【大痛取】とかかれるくらいの素材で、実際に痛みが和らぐことが知られています。

オオイタドリに含まれている【レスベラトロール】などのポリフェノールが関節に働きかけ、痛みを抑える役割をしていることが報告されています。

この製品【イタドリ】を実際に試された方の中で80%の方から【膝や腰が楽になった】とか【スムースに動ける】など満足される声があがっています。
これは非常に高い評価だと言えるでしょう。

膝痛を改善させるためには、痛みの原因から抑えることが大切なのです。今、注目の【イタドリ】をおすすめします。

膝痛を予防する方法|膝痛サプリで「膝痛」を予防する効果が期待できる?

「膝痛」の原因は肥満によるものが多い

「膝痛」の原因は肥満によるものが多い

膝痛」の予防のために重要なことのひとつが「体重を増やさない」ということです。
現在「膝痛」に悩んでいる人の多くは、以前よりも体重がかなり増えていて、自分の体重が膝に負担を抱えているというケースがたくさんあります。

膝痛」の予防効果を得るためにも、できるだけ体重をベストな状態で安定させておくことがとても大切です。
もし、ダイエットの必要があるという人は、膝に負担をかけないように工夫しながらダイエットに取り組みましょう。

膝に負担をかけない運動で脂肪を燃焼

膝に負担をかけない運動で脂肪を燃焼

ダイエットに運動は不可欠です。
しかし過度な運動をすると「膝痛」を悪化させてしまうことにもなりかねないため、できるだけ膝に負担をかけにくい運動をすることが望ましいです。

CHECK!

水泳

膝に負担をかけない運動として代表的なのが「水泳」。
水の抵抗力で膝に体重がかかりすぎることを防いでくれるので、水中でウォーキングをするだけでも膝に負担がかかりにくいです。

もちろん、普通に泳いでいても膝に悪影響を及ぼすことはほとんどないので、水泳やプールに抵抗がない人は、ぜひ積極的に取り入れてください。
水泳は苦手という人や、近くにプールがない人などはウォーキングや筋トレがおすすめです。

CHECK!

ウォーキング

ウォーキングよりもジョギングのほうが脂肪燃焼率は高くなります。
しかし体重が重いと膝に負担をかけてしまい、「膝痛」の悪化につながってしまいます。

最初は短い距離からウォーキングをはじめて様子を見ましょう。
少しずつ足に筋力がついてきたら距離を伸ばしたり、ゆっくりとジョギングするなどして少しずつ負荷を増やしていきましょう。

CHECK!

筋トレ

膝に負担をかけない範囲での筋トレもおすすめです。体に筋肉をつけると脂肪燃焼率が高まり、かつ代謝が上がって太りにくい体になります。

足に筋力がつけば膝への負担が減り、「膝痛」の予防効果も期待できます。適度な筋肉をつけられるよう、少しずつ筋トレにチャレンジしてましょう。

食べ過ぎに注意、太りやすい食事も控える

食べ過ぎに注意、太りやすい食事も控える

食生活を送る上で、食べ過ぎに注意することは必須です。若いころは代謝能力が高いです。

さらに部活などで今よりも体を動かすことが多いなど、食べても太らなかったという人も多いと思います。
しかし年齢を重ねると運動量が減るのはもちろん、基礎代謝量も低くなります。

そのため食べた分がどんどん脂肪に変わっていってしまいます。食欲の赴くままに好きなだけ食べているという人は、体重が増えて「膝痛」を引き起こす可能性があります。

すでに「膝痛」の人はさらに症状が悪化してしまいます。食事は腹八分目を心がけ、食べすぎないように注意しましょう。

甘い物や糖分が高いものを好んで食べる人は、これらの食べ過ぎにも注意が必要です。炭水化物も糖分の仲間なので、お米やパスタ、パンなどが大好きという人は量に気をつけてください。

夕食後は寝るだけでエネルギーを消費しないので、夕食だけ炭水化物を控えるというのも、ダイエットに効果的です。

過度なダイエットは「膝痛」予防効果を下げる?

膝痛」を予防するためにダイエットはとても大切です。
ただ、過度な食事制限などきついダイエットをすると、予防効果が半減してしまいますので気をつけましょう。

ハードな運動によって膝に負担をかけてしまうと、「膝痛」が悪化してしまいます。
また食事を少なくし過ぎたために必要な栄養を摂ることができず、関節のクッションになってくれる栄養素が足りなくなってしまうと、「膝痛」を引き起こしてしまう可能性もあります。

ダイエットは必ず無理のない範囲でしましょう
今現在かなり体重がオーバーしてしまっているという人でも、1ヶ月に2キロ程度の減量を目安にゆっくりと取り組みましょう。

「膝痛」を予防する食事方法

「膝痛」を予防する食事方法

コラーゲンが豊富な食材を意識的に摂取する

膝痛」の予防には、食事を意識することもとても効果的です。
膝痛」の予防効果が高い栄養素のひとつに「コラーゲン」が挙げられます。

コラーゲンはアミノ酸の一種で、いろいろな食材に含まれていますが、身近な食材では手羽先などの鶏肉に多く含まれています。
手羽先でスープを取り、冷蔵庫に入れておくと翌日ゼリーのように固まっていますよね。

あれはゼラチン質が固まったもので、コラーゲンがたっぷりなのです。お鍋にしてもよいですし、焼いて食べても美味しいです。

手羽先はいろいろな調理法がありますので、ぜひ積極的に食べるようにしましょう。
ただし、味付けを濃くし過ぎるとカロリー過多になってダイエットの妨げとなります。

できるだけ薄味で、野菜の摂取も並行してバランスよくいただくようにしてください

油分の強いものは避ける

膝痛」の原因は、膝周りの炎症が原因となっていることが多いです。
その炎症を引き起こすものとして、「油」の過剰摂取が挙げられるのだそうです。

油は人間の体に必要なものですので、良質な油分は積極的に摂るとよいです。
しかしコーン油やひまわり油などの、「トランス脂肪酸」が多く含まれる油は「膝痛」の原因となることがあるので、できるだけ摂取を控えましょう。

グルコサミンやコンドロイチンが豊富な食材を積極的に摂る

膝痛」の予防効果があるとして広く知られているのが、「グルコサミン」や「コンドロイチン」ですね。
これらの栄養素が豊富な食材として代表的なのが、納豆やオクラ、なめこ、山芋などネバネバした食材です。

ネバネバ食材以外では、干しエビにも豊富に含まれています。
ただ、干しエビ自体がとても小さいので、かなり食べないと必要な量の栄養を摂取するのは難しいです。

サプリで「膝痛」を予防する効果が期待できる

サプリで「膝痛」を予防する効果が期待できる

食事で摂りきれない栄養を補ってくれる

グルコサミンコンドロイチンなどの、「膝痛」を予防する効果のある栄養素を食事で摂取することが難しい場合に、活躍してくれるのが「サプリ」です。
本当にいろいろなサプリがさまざまな会社から販売されています。

サプリは食生活が不規則だったり、なかなか食事で摂取することができない栄養素を、手軽に、かつ効率的に摂取することができる画期的なアイテムです。
グルコサミンコンドロイチンなど、「膝痛」の改善や予防に特化して作られているサプリもあるので、ぜひ積極的に取り入れてみましょう。

サプリは薬ではなく食品ですので、摂取することで副作用が起きるということはほとんどありません。
摂取するタイミングや量についても特に規定はありません。

その商品に明記されている推奨量を守って摂取するのが、もっとも効率よく予防効果を発揮してくれると思われます。
推奨量以上に飲んだからといって効果が高まるわけではないので、1日の必要量を守って摂取することをおすすめします。

ダイエット中でも「膝痛」に必要な栄養素を摂取できる

サプリで「膝痛」を予防することのメリットは、ダイエット中でも必要な栄養素をしっかり摂取できるという点です。
ダイエット中は食べ過ぎは禁物ですが、いろいろな食材から「膝痛」予防に必要な栄養素を取り入れようとすると、どうしてもたくさん食べてしまいます。

サプリのみに頼るのは危険ですが、忙しい現代人でも必要な栄養素を手軽に取り入れることができるのはサプリならでは。
かしこく利用して、「膝痛」予防効果を最大限に吸収して、快適な毎日を送りましょう。

効果とコストと成分で選んだおすすめの膝痛に良い膝痛サプリランキング

※こちらは2019年11月の最新情報です。

マイケア【イタドリ】ふしぶしサプリ

マイケア【イタドリ」】

北国の天然野草「大痛取(オオイタドリ)」が配合されたふしぶしサプリ「イタドリ」
【軟骨補充】の「グルコサミン」、「コンドロイチン」に加え天然野草「オオイタドリ(北海道産)」も配合され膝のサポートにプラス!
オオイタドリにはレスベラトロールなどのポリフェノールが豊富!
他にも全6種のこだわりの素材が配合された「イタドリ」安心の返金保証付き!
今なら初回限定特別特典で全額返金保証付き(30日間)
【通常価格】2,400円(90粒/約1ヶ月分)
初回購入限定:2,160円! 

【ヒアルロン酸&グルコサミン】キユーピー

▼潤滑成分と軟骨成分をバランス良く配合!▼
偏食や成長期のお子様に!「カラダへの吸収力」にこだわったトリプルカルシウム配合!!
スムーズな歩行を気づかう方
◆よくスポーツをされる方
◆これからの生活を予防したい方
◆独自の技術でたっぷり高純度ヒアルロン酸200mg配合!
初回限定半額!:3,078円(税込)

トンデケア[第三類医薬品]

トンデケア

▼ひざ・肩・腰などの関節痛、神経痛、筋肉痛に効く第3類医薬品
元千代大海関の九重親方も愛用しています!
7つの有効成分を配合し、関節痛神経痛筋肉痛などの辛い痛みを緩和します。!
1回だけでも解約OK!
今なら特製ひざサポーターも付いてくる!
初回限定50%OFF:2,450円(税込)

【ステラ漢方のグルコサミン】

ステラ漢方のグルコサミン

「補う・和らげる・鍛える」こだわりの成分をぎゅっと凝縮!
N-アセチルグルコサミン採用で3倍パワー&高吸収!
スムーズな明日をつくる注目素材「プロテオグリカン」
忙しい毎日をリフレッシュ!伝説のハーブ「オオイタドリ」
◆幻の高滋養食材「トゲドコロ」粘り強く、靭やかな体へ
初回特別価格:980円!
100日間安心返金保証付き!

ランキングの続きはこちらが参考になります!

おすすめ
関節痛サプリおすすめランキング!効果と価格を徹底比較【総合】 - 【関節痛ナビ】
関節痛サプリおすすめランキング!効果と価格を徹底比較【総合】 - 【関節痛ナビ】

続きを見る

-関節

Copyright© 葡生雅味(ぶきがみ)|幸せな生活&健康な生活に必要なこと , 2019 All Rights Reserved.